紫外線が除菌できる仕組み

 

 紫外線(UV-C)による除菌は、

 

細菌やウイルスの細胞を司るDNAやRNAに直接作用し、

 

細胞を不活性化させる(生殖機能を破壊する)仕組みから成り立っています。

 

 

 

この仕組みは、細菌・ウイルスのもつDNAの光スペクトルと、

 

紫外線(UV-C)の光スペクトルは非常に近似している点を原理にしています。

 

 


細菌やウイルスは時として突然変異する場合も考えられますが、

 

紫外線は細菌の細胞内の核酸に直接作用するため、抗体をつくらず効果が期待できます。