学習機能搭載 自動換気システム 三菱電機

 

CO2濃度を24時間モニタリング

換気機器が風量を自動で切り替えて

空気の質の改善に貢献します。

 

人の密集によるCO2濃度の上昇を機器が検知し、風量を自動で切り替えクリーンな空間を継続します。

換気の自動調節による感染症対策をはじめ、CO2濃度の上昇を防ぐことで仕事や勉強の集中力の維持、作業効率に良い結果をもたらします。

 

厚生労働省からは一人あたり毎時30㎥の換気量の確保がガイドラインとして示されており、

学習機能を搭載した”スマートベンチレーションシステム”でエネルギーロスを回避、省エネを達成します。

 

 

2021年3月現在 (三菱電機機器のみ対応) 




様々な場所で導入いただけます


2通りの導入方法を提案しています

既存設備にセンサーを追加

センサー・基盤とリモコンを取り付けるだけで既存のの換気装置を自動化。

(適応機種があります、お問い合わせください)

最新機器を導入

CO2センサー搭載の

最新機器を導入。


導入までのフローチャート