岩崎電気の紫外線ランプ、新型コロナウイルス不活化の有効性を確認【エアーリア】

岩崎電気の製品に搭載する紫外線(UV)ランプの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化効果について、

広島大学病院 感染症科 大毛宏喜教授、広島大学大学院 医系科学研究科 ウイルス学研究室 坂口剛正教授と共同で評価試験を行った結果、高い有効性があることが確認されました。

 

評価ウイルス

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)

 

 

試験品

空気循環式紫外線清浄機「AIRLIA(エアーリア)」及び、紫外線除菌装置「STERI-EYE(ステリアイ)」シリーズなどに搭載するUVランプ

① エアーリア、エアーリア コンパクトなどに搭載するUVランプ

② エアーリア プラス、エアーリア パワー、ステリアイなどに搭載するUVランプ

 

 

試験方法

プラスチックシャーレにウイルス液を塗布し、乾燥した状態において各種UVランプの紫外光を照射後に、回収したウイルスの感染価をTCID50法にて測定

 

 

試験結果

①、②のUVランプは共に3mJ/cm²で99.9%以上の新型コロナウイルス不活化を確認

※mJ/cm²:UV照射での積算照射量(積算光量)を示す単位

積算光量(単位:mJ/cm²)=UV照度(単位:mW/cm²)×照射時間(単位:秒)

引用:

岩崎電気の紫外線ランプ、新型コロナウイルス不活化の有効性を確認

https://www.iwasaki.co.jp/optics/sterilization/CoV-2.html